子どもの貧困や子ども虐待、いじめや不登校など、家庭や学校で、しんどい思いを抱えている子どもたちを地域で直接支えるセンターです

はぴはぴカット

経済的な事情や保護者の事情でしんどい思いをしている子どもの中には、理美容につながることが困難な状況があります。理美容につながらないことから子どもや若者は見た目の印象で学校や仕事などの社会生活で不利益を被ることが多くなります。そこで、京都市で障害児を対象にした「スマイルカット」を行う「そらいろプロジェクト京都」と連携し、様々な事情を抱える子どもや若者が理美容を通じて社会に参加するきっかけになる仕組み作りに取り組んでいます。

お店の仕事のお手伝いをして、その報酬に渡される「はぴはぴカットチケット」を利用して髪を切ってもらう「バウチャー制度」で仕組みを作っています。現在、トワイライトとフリースペースに来ている子ども7人がはぴはぴカットを利用しています。はぴはぴカットを通じて「かわいい!」「かっこいい!」「似合ってるね!」と言ってもらえることが自己肯定感につながります。また「見てみて!」と家族に話し、家族間のコミュニケーションにもつながります。「髪を切る」という当たり前のことを、誰もが当たり前にできるように「はぴはぴカット」の活動が全国に広がるように、こどもソーシャルワークセンターは活動のお手伝いをしています。

そらいろプロジェクト京都

お気軽にお問い合わせください TEL 077-575-4378 火曜~金曜 10:00~17:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP