幸重忠孝の講演

  • HOME »
  • 幸重忠孝の講演

代表である社会福祉士の幸重は、スクールソーシャルワーカーや大学教員の経験を生かして、小中学校や要保護児童対策地域協議会主催のケース会議に年間約50回スーパーバイザーとして参加したり、コンサルテーションを行っています。

また年間30回の学校教員・福祉専門職、保育士や学童保育児童館向けの専門職研修、そして年間20回のPTAや地域・市民向けの講演を行っています。

p1010680-compressor

  • facebook
PAGETOP